大相撲野球賭博問題

更新間隔が開いてしまい、
ご無沙汰いたしております。


まるごです。



学会や研修会などで、
珍しくアカデミックに過ごしていたので、
時間が無くサボっておりました。


















さて、
一連の大相撲野球賭博問題ですが、
報道を見ていて、
気に入らない点が二つあります。




一つは、

「角界の常識は、世間の非常識」

というフレーズ。



もう一つは、

責任の取らせ方として、
解雇が妥当か?


という事。













マスコミが、ある業界を叩く時に

「サラリーマンの世界ではあり得ない」
「一般企業なら解雇だ」

など言うフレーズが、必ず出てきます。




何か問題を多く起こす団体があると、
如何にも、その団体だけが
世間とは掛け離れているかの如く、
「非常識」
と非難します。



モラルの欠如を指摘する事自体、
間違ってはいないと思います、
が、
それを特別な体質の如く言うのは、
如何なものでしょう?





たとえば、角界については

・身内に甘い
・隠蔽体質
・賭け事の問題・マルボウへの関わり

などが、世間から非常識と言われています。



身内に甘くて他人に厳しい。

これって、角界だけですか?



むしろ、日本人ならば須らく、
本質的に身内に甘いものではないでしょうか?

最近はシビアな外資系企業も入っていますが、
純粋な大和民族の企業ならば、
本質的に身内に甘いのではないですか?



隠蔽体質だって、
じゃあ、具体的に
隠蔽体質の無い所を
挙げて欲しいと思いません?


マスコミだって、
身内に甘い隠蔽体質の固まりですよね。



違法賭博だって、
暴力団の関わりを除けば、
やった事のない人の方が、
珍しいでしょう?


ゴルフやる人は、
ほぼ100%ニギリますよね?


私も初めてコースに行った時、
当たり前のように
「参加費」
を取られました。

ダブルぺリアとか、
よくわからない用語を並べられて、
勝った人に配当が行っていました。


麻雀する人も、
お金賭けないのは
「脱衣麻雀」
位ですよね。


暴力団との関わりだって
角界だけが特別とは思えません。

他の格闘技はどうなんでしょうか?
本当に、裏社会に関わりがあるのは、
角界だけなのですか?





この問題を、日本人全ての問題と捉えず、
自分達だけ棚に上がろうとする。


角界はとても悪い所。
私達とは違う。



そうやって、
「自分達とは違う」
と、他人事のように
非難するのは簡単です。



しかし、角界というのが、
実に日本人的な、
私達の悪い部分を全て具現化した形で
問題点を示しているように見えるのは、
私だけでしょうか?









一方で、

「相撲は国技だから特別」

と言って、一般以上のモラルを求め

一方で、

「一般人とは違う、非常識」

と非難する。




特別な存在とし、
特別なモラルを求める以上
一般人とやらの常識の尺度を
持ってくること自体、
おかしくないですか?



犯罪は区別すべきですが、
違法行為でない部分については、
角界に限らず、
各コミュニティーの特殊性や
非常識」というやつは、
認められるべきと思います。




非常識と違法

この二つを
ごちゃ混ぜにしないで欲しいと思います。










そして、もう一つ、
責任のとらせ方として
解雇が妥当か、
という問題。





厳しい処置と言える半面

「跡は野となれ、山となれ」

という、無責任さも垣間見えます。




反社会勢力と近い位置にいる格闘家を、
一般社会から切り離して
完全にリジェクトしたら、
行き場を無くした彼らは、
一体何処に行くのでしょうか?



誰が彼らを拾い上げるでしょうか?





これって、暗に、
反社会勢力サイドに行く様、
背中を押しているような
ものではありませんか?





彼らがこれ以上道を外さないように
無理矢理でも
一般社会に縛り付けておく事も、
協会の責任の取り方ではないでしょうか?








先日福岡で、日本麻酔科学会がありました。

その中で、
薬物問題のシンポジウムを
聞いてきました。
(この話は、後日詳しく書きます)


以前も書いたとおり、
麻酔科医はドラッグと非常に近い位置にいて、
薬物依存に陥る人も、他の科より多く
死亡事故も数件経験しています。

学会の前にも、
麻酔科医が覚醒剤で捕まっており、
深刻な問題となっています。




そういう背景の元
開かれたシンポジウムでしたが、
日本麻酔科学会のスタンスが
非常に印象的でした。




薬物事案は犯罪であり、
社会的制裁は課さないといけない、
しかし、
学会とのつながりは、
何があっても切れないようにしないといけない。

薬物依存者が
麻酔科医として復帰する事は、
ほぼ不可能なのですが、
それでも、
麻酔科学会は除名や退会には
しないそうです。


治療、社会復帰を含め、
関わり続ける事が
果たすべき責任だからです。



ただ、薬物依存者を
一般社会に放り出すだけならば、
責任を果たしているとは言えない。





相撲協会も、
手元に置いておいて、
暴力団との関わりを断たせるべく
指導し続ける事が、
果たすべき責任のとりかたでは
無かったでしょうか?





日本人の責任の取り方と言えば、
「引責辞任」
という、馬鹿の一つ覚えみたいなもの。



でも、辞めるのって、
残るよりずっと楽だったりします。




責任を取って職務を全うする方が、
ずっと辛い事が続くのですけどね。

(岡田監督みたいに)





以上、現場からまるごがお伝えしました。


大相撲 番付表額
万丈

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大相撲野球賭博についてつぶやく

    Excerpt: 連日、大相撲の野球賭博がマスコミを騒がせています。いよいよ今日は名古屋場所初日ですね。合法ギャンブルがいくつもあるにもかかわらず、力士さんたちは裏のギャンブルに手を染めるのでしょうか?多額のお金を賭け.. Weblog: オンラインカジノを攻略しよう! racked: 2010-07-11 15:23
  • フェラガモ バッグ

    Excerpt: 大相撲野球賭博問題 玻璃色のまどろみ/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ バッグ racked: 2013-07-03 15:24